ホーム鉱物学関連地球科学一般地質学関連資源一般鉱物資源地球環境学

河川について(River)

最終更新日:2016年11月5日

全般 ダムなど 環境 その他
リンク
河川
世界の河川
日本の河川
日本のダム
水力発電
河川水質 市販本

 地球(Earth)水圏(Hydrosphere)において、存在する(Water)の大部分は海洋の海水(Seawater:97%強)であり、陸水(Inland Waters:3%弱)は少ない。その少ない陸水の大部分は氷河 (Glacier:全体の2%強)の氷(Ice & Snow)であり、次に多いのは地下水(Groundwater)である。河川水(River Water)における水量は微々たるもの(全体の0.0001%程度)であるが、循環する速度(Circulating Rate)が大きいこと滞留時間(Residence Time)が短い(数十日程度)ため〕淡水(Freshwater)であることとから、地表の生物(Organism)にとっては非常に貴重である。
 河川水は降水(Precipitation)からもたらされるが、河川水の量は降水量蒸発量〔Evaporation:植物を経由するものを含めて蒸発散量(Evapotranspiration)と呼ばれる〕とによって決まる。従って、気候条件(Climate Condition)が重要である。
 水資源(Water Resource)としては、その(Quantity)ならびに(Quality)が問題となる。さらに河川水は地下水とも密接な関係があるため、降水河川水地下水を関連させて把握する必要がある。
リンク

全般⇒こちら ダムなど 環境 その他
  湖沼

ダム

緑のダム
河口堰
水生生物 流域

用語集

マネジメント流域ネットワーク

南極の川

【湖沼】

【ダム】

【緑のダム】

【河口堰】

全般長良川利根川吉野川その他

《全般》

《長良川》

《利根川》

《吉野川》

《その他》

【水生生物】

【流域】

【用語集】

【マネジメント】

全般条例マスタープラン多自然型川づくり清流ルネッサンスローカルアジェンダ21森林の流域管理システム流域委員会21世紀の国土のグランドデザイン

《全般》

《条例》

《マスタープラン》

《多自然型川づくり》

《清流ルネッサンス》

《ローカルアジェンダ21》

  • ローカルアジェンダ21ネット−持続可能な地域づくりに向けて−  http://www.gef.or.jp/LA21/0.htm
     (財)地球・人間環境フォーラムによる。

《森林の流域管理システム》

《流域委員会》

《21世紀の国土のグランドデザイン》

【流域ネットワーク】

矢作川琵琶湖四万十川鶴見川桂川・相模川興津川サロマ湖千歳川その他

※『健全な水循環の再生・創出に向けて〜森・土・川・海の『健全な水の循環』ネットワークづくり〜』(北海道)など。
※●ネットワーク、◆マネジメント。

矢作川やはぎがわ)》(愛知県)

  • ●矢作川沿岸水質保全対策協議会
  • ●矢作川「川会議」
  • 豊田市矢作川研究所  http://yahagigawa.jp/
  • ○(財)矢作川流域振興交流機構(平成18年12月31日解散)  
  • ◆矢作川河川環境愛知県連絡会議
  • ◆矢作川水系濁水対策連絡調整会議

琵琶湖》(滋賀県)

四万十川しまんとがわ)》(高知県) 

鶴見川つるみがわ)》(神奈川県)

《桂川(かつらがわ)・相模川さがみがわ)》(山梨県、神奈川県)

興津川(おきつがわ)》(静岡県)

サロマ湖》(北海道)

  • ●サロマ湖環境保全対策協議会

千歳川(ちとせがわ)》(北海道)

《その他》

【南極の川】

河川

2015

【2015】

世界の河川
日本の河川
日本のダム

2013

【2013】

水力発電

2010|−|20132014

【2014】

【2013】

【2010】

河川水質

2004|−|2009|−|2014

【2014】

【2009】

【2004】

市販本

【2008】

【2007】

【2006】

【2005】

【2004】

【2002】


ホーム