ホーム鉱物資源

鉄資源(Iron Resources)

最終更新日:2017年1月4日

外部のリンクあるいは関連項目の図表へ
全般 日本 各国 その他
リンク
埋蔵量と生産量

価格
日本のマテリアルフロー オーストラリア
ブラジル

中国

インド⇒こちら
BIFなど⇒こちら
鉄鋼

 鉄資源(Iron Resource)に関連する情報を集めている。金属鉱物資源(Metallic Mineral Resource)の中で最も重要であり、消費量も最も多い。2015年の世界埋蔵量トップ5カ国はオーストラリア・ロシア・ブラジル・中国・インドであり、同年の世界生産量トップ5カ国は中国・オーストラリア・ブラジル・インド・ロシアである。
 鉄を特別扱いして、これ以外を非鉄金属と呼ぶことも多い。
 鉄の鉱床は先カンブリア時代のBIF(Banded Iron Formation、縞状鉄鉱層)に集中する。光合成能力をもつ生物〔当時の代表的なシアノバクテリアによるストロマトライト(stromatolite)が有名〕によって生じた酸素が、当時の海水中に溶けていた鉄イオン(Fe2+と結びついて、大量の酸化鉄〔主に赤鉄鉱(Fe2O3)(酸化されて、Fe3+の状態)を形成したと言われている。これがBIFである。
 鋼(はがね、こう)は鉄を主とする合金(ただし、普通は炭素の場合が多い)を指し、一般に鉄鋼と呼ばれる。

リンク

全般鉱床鉄鋼企業その他

【全般】

【鉱床】

【鉄鋼】

【企業】

【その他】

埋蔵量と生産量

2010

【2010】

価格

2010

【2010】

日本のマテリアルフロー

2011

【2011】

オーストラリア

1993|−|2003|−|2007|2008|200920102011

【2011】

【2010】

【2009】

【2007】

【2003】

【1993】

ブラジル

2011

【2011】

中国

2002

【2002】

鉄鋼

20112012

【2012】

【2011】


ホーム