ホームその他

高齢社会について(Population Ageing)

最終更新日:2019年9月18日

全般 福祉と介護 その他
リンク⇒こちら
全般展望高齢社会対策大綱
長寿
老化テロメアアンチ・エージング
老人(高齢者)
高齢化率
老人の病気
介護保険要介護認定
後期高齢者医療制度
老人ホーム
死亡
親族
老衰
終活
老後破産
2025年問題
睡眠

 日本では平均寿命(Average Life Span:0歳の平均余命に等しい)は男女とも延び、平均余命(Life Expectancy)を加味すれば、いずれも実質は80歳を超えている【見る→】。一方、経済成長(Economic Growth)に伴って、夫婦の子供の数(合計特殊出生率、Total Fertility Rate)も平均して1人台に低下しているため(自然増と自然減の境は2.08人とされている)、いわゆる少子高齢化(Falling Birthrate and Population Ageing)が進んでいる。
 ここでは高齢社会(Population Ageing Society)に関連する情報を集めている。
 高齢社会が必ずしも悪いとは言えないが、今まで経験しなかった様々な問題が生じており、その対応に追われているためか負の印象が強い。特に、認知症(Dementia)の増加で代表されるような健康上の問題(Health Problems)およびそれに伴う介護の問題(Problem of Nursing)と、定年退職(Mandatory Retirement)で代表される経済的自立(Economic Independence)に関する問題が大きい。
 時代状況に適合した社会システム(Social System)への変革が必要と思われる。

現実 問題 その他

全般

2018

【2018】

展望

2018

【2018】

高齢社会対策大綱

2018

【2018】

長寿

20102011|−|2018

【2018】

【2011】

【2010】

老化

2019

【2019】

テロメア

2015|2016|2017

【2017】

【2015】

アンチ・エージング

2019

【2019】

老人(高齢者

2008|−|2018

※リンクはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』。

【2018】

【2008】

高齢化率〔65歳以上の高齢者人口(老年人口)が総人口に占める割合〕

2012|−|20172018

【2018】

【2017】

【2012】

老人の病気

2018

【2018】

介護保険

2018

【2018】

要介護認定

20182019

【2019】

【2018】

後期高齢者医療制度

2018

【2018】

老人ホーム

201720182019

【2019】

【2018】

【2017】

死亡

2008|−|201720182019

【2019】

【2018】

【2017】

【2008】

親族

2010

【2010】

老衰

201620172018

【2018】

【2017】

【2016】

終活

2017

【2017】

老後破産

2016|2017|2018

【2018】

【2016】

2025年問題

2006|−|20162017|2018|2019

【2019】

【2017】

【2016】

【2006】

睡眠

2007|−|2017

【2017】

【2007】


ホーム