ホーム環境法その他

日本国憲法について(The Constitution of Japan)

最終更新日:2016年6月9日

リンク日本国憲法

 日本(Japan)における法令(Law)は、国会(National Diet of Japan)で制定される法律が中心であるが、すべての法令の最上位にあるのが日本国憲法(Constitution of Japan)である。
 国際(International)な法令は条約(Treaty)と呼ばれ、一般には各国の法令の上位に置かれるが、日本国憲法は条約よりも上位であるとされている。つまり、憲法の内容が変われば、その内容に抵触する(Collide)法令はすべて変える必要が生じるし、条約についても同様の対処が必要となる。
 従って、日本国憲法の内容を理解しておく必要性は非常に高い。
 また、憲法(Constitution)を制定している国は多い。
 日本国憲法は第二次世界大戦(World War II)の敗戦(Defeat)により戦勝国(Victorious Country)の米国(USA)が中心となって作成されたが、戦争の放棄(Renunciation of the Right of Belligerency:憲法九条、Article 9 of the Japanese Constitution)などの画期的な内容を含んでいる。今までに、改正(Amendment)は一度も行われていない。

リンク

リンク日本国憲法憲法改正憲法問題日本国憲法の講義憲法戦争の放棄その他

【リンク】

【日本国憲法】

【憲法改正】

【憲法問題】

【日本国憲法の講義】

【憲法】

【戦争の放棄】

【その他】

日本国憲法

2016

【2016】


ホーム